転職マメ知識

扶養の範囲

扶養の範囲

扶養範囲内で働きたいと思ってる人もいるのではないでしょか。一定の収入を超えてしまうと扶養の範囲から外れてしまうので、いくらまでであれば大丈夫なのか確認しておきましょう。

扶養とは一般的に、税務上の扶養と社会保険上の扶養の2つがあります。扶養範囲から外れてしまうと、親や配偶者の税金の額が増えたり、社会保険料を自分で払わないといけなくなったりします。

いくらまでなら扶養範囲

(1)年収を103万円以下にする(税務上の扶養の範囲)

  • ※年収103万円を超えた場合も、条件により主婦・主夫は「配偶者特別控除」が受けられますが、収入に応じて段階的に控除金額がかわります。

(2)年収を106万円未満にする(パート先の社会保険適用の判定)

パート収入が約106万円となり、一定の条件を満たす場合は、パート先での保険加入が必須となります。

社会保険の適用条件

  • ①1週間当たりの所定労働時間が20時間以上である
  • ②1カ月の賃金が8.8万円(年収約106万円)以上である
  • ③勤務期間が1年以上の見込みがある
  • ④勤務先の従業員が501人以上の企業
    • ※平成29年4月からは、従業員500人以下の企業で働く人も、労使で合意すれば社会保険に加入できるようになります。
  • ⑤学生は対象外(夜間や定時制は除く)
    以下は1ケ月の賃金から除外できる
    • ・臨時に支払われる賃金および1月を超える期間ごとに支払われる賃金(例:結婚手当、賞与等)
    • ・時間外労働、休日労働および深夜労働に対して支払われる賃金(例:割増賃金等)
    • ・最低賃金法で参入しないことを定める賃金(例:精皆勤手当、通勤手当、家族手当)

(3)年収を130万円未満にする(社会保険上の扶養の判定)

(2)の年収106万円以上でパート先の社会保険に加入とならなければならない人を除いて、年収130万円未満の人は、社会保険上の扶養に該当します。

その場合、親や配偶者が加入する健康保険の被扶養者になることができ、健康保険料を自ら支払う必要がありません。国民年金は、20歳以上60歳未満の国内に居住する人はすべて加入しなければなりませんが、厚生年金等に加入する配偶者に扶養される人は、国民年金の第3号被保険者になり、自ら保険料を納めなくても年金が貰えることになります。
厚生年金に加入する配偶者に扶養される以外は、国民年金保険料を支払わなければなりません。

  • ※アルバイト・パートを掛け持ちしている場合は、合算の年収となります。

その他のマメ知識はこちら

面接時の心得

面接時の心得

面接こそ、うまく就職・転職できるかどうかを決める、最重要ポイントとなります。
どんなに企業情報を集めたり、完璧な応募書類を書いたとしても、面接での失敗はすべてムダになってしまいます。...

面接の流れ

面接の流れ

訪 問
付の人に訪問の旨を伝えましょう。
(例)本日〇〇時から面接をお願いしてます〇〇と申します。ご担当の〇〇様は...

履歴書の書き方

履歴書の書き方

日 付
提出日の日付を記入(郵送の場合は投函日)
面接に持参する場合は当日の日付を記入...

職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

職務経歴書は特にフォーマットは決まっていません。
採用担当者は、職務経歴書から応募者の書類作成能力やプレゼンテーション力も判断するので、レイアウト・文章ともに気を抜かずに作成しましょう。...

扶養の範囲

扶養の範囲

扶養範囲内で働きたいと思ってる人もいるのではないでしょか。一定の収入を超えてしまうと扶養の範囲から外れてしまうので、いくらまでであれば大丈夫なのか確認しておきましょう。
扶養とは一般的に、税務上の扶養と社会保険上の扶養の2つがあります。...

各種保険について

各種保険について

健康保険
健康保険とは、保険料を支払うことにより業務上(通勤)以外で被った疾病・負傷などの給付を受ける仕組みのこと。また、休業・分娩・死亡等への給付もある。...

労働時間・休日・休暇・有給休暇

労働時間・休日・休暇・有給休暇

勤務時間
一定の条件を満たした場合には1ケ月を平均して1週40時間にする制度や1年の労働時間を平均して1週40時間にする制度があり、これを超える労働を法定時間外労働といいます。...

税金について

税金について

給料から引かれる税金は所得税・住民税となります。
所得税・復興特別所得税
所得税は会社があらかじめ給与から税金を天引きして代納する仕組み(源泉徴収)で控除...

NEW work新着のお仕事
history最近見た求人

最近見た求人はありません

terms最近探した条件

最近探した条件はありません

Tidbitsマメ知識

さらに表示